メインページ

提供: 保線ウィキ
移動: 案内検索
朝焼けの線路.jpg


保線ウィキにようこそ

保線ウィキでは、鉄道の線路を保守や管理をしている「保線」に着目したウィキです。

保線ウィキの歩き方

保線ウィキでは、世間であまり知られていない豊富な保線用語を取り揃えており、保線の用語についても詳しく説明されています。
左の「カテゴリ」サイドバーの一覧より分類されたカテゴリに入ることにより必要な語句を見つけられます。
また、右上の検索窓に調べたい語句を直接入力しても見つけられます。
下の保線ウィキの項目では新しく投稿されてた記事や最近更新された記事の一覧が表示されています。

保線ウィキの項目

更新された記事・画像は、掲載されている記事の内容が変更されたものです。
新しい記事は、新規に掲載された記事です。
カテゴリ一覧は、記事の内容をカテゴリで区分けした一覧です。

更新された記事・画像 新しい記事 カテゴリ一覧
  1. ファイル:在来線の水準器.jpg
  2. 水準器
  3. 軌道用ゲージ
  4. 軌間ゲージ
  5. ファイル:狭軌の軌間ゲージ.jpg
  6. 軌間
  7. ファイル:魚腹形レールの見本.jpg
  8. 魚腹形レール
  9. L形レール
  10. ファイル:木製レール.jpg
  11. 木製レール
  12. レール変遷
  13. ファイル:軌きょう下のバラストマット.jpg
  14. バラストマット
  15. 道床厚
  16. ファイル:PCまくらぎの道床厚.jpg
  17. TPCまくらぎ
  18. 木まくらぎ
  19. ファイル:作業用モーターカーの内部.jpg
  20. ファイル:作業用モーターカー.jpg
  21. 作業用モーターカー
  22. 軌道モーターカー
  23. 軽便トロ
  24. 三線式分岐器
  25. ふるい砂利
鉄道
線形

踏切
軌道
軌道材料
レール
レール継目
レール締結装置
まくらぎ
道床
分岐器
線路検査
保線
保線機械
軌道力学
ロングレール
路盤、斜面、構造物
鉄道橋
トンネル
擁壁
コンクリート
防災
防雪
列車運転
列車
車両
車両諸元
鉄道事故
信号
電力

保線の注目度は?

世間一般の人々が鉄道の保線について関心が無いのはなぜでしょうか?
それは、まず「動かない」からである。
人というものは動くものには目に付きやすく、動かないもには目がつきにくいものなんです。
線路の上を走る列車は動いているので、踏切や駅などで列車が近づいてくると目が向きやすくついつい見てしまう。しかし、動いていない線路については、気にして見ることがほとんどありません。

線路は生きもの。注目されるとき

保線の世界では線路は生きものとよくたとえられます。
線路に敷いてあるレールは、夏の暑い日が続くとぐんぐん伸びようとします。その力、60トン以上にもなります。
しかし、線路に敷き詰められている砂利がその動きを阻止しようとふんばっています。
にもかかわらず、耐え切れなくなったらレールが横に大きく動き「レール張り出し」となる。
そこに運悪く列車が来たならば、列車が脱線するかもしれない。
「線路が膨れて列車が脱線したって。」
「そんなことがあるのか?」
日頃、動かないものが動くと目に付くもので世間の話題になる。

冬、気温が下がって氷点下。
夏に延びようとしていたレールは、今度は、縮こまろうとして引っ張り合う。
運悪くレールに少しの傷があったならば、そこからレールが破断する。
そうなると、列車が止まってしまう。
またまた、世間の話題の的となってしまう。

このように事故などが発生した悪いときばかり注目が集まり、日頃、列車が安全・安定的に運行されているときは、保線というものは世間一般からご無沙汰である。
これが、鉄道の保線の現状である。

世界一の保線技術力

日本が世界に誇れる新幹線。
圧倒的な速さと正確さで列車を安全に運行されていることを下で支えているのが保線の技術力である。
いわゆる縁の下の力持ちであるが、残念ながらその実態はほとんど世間に知られていない。
一昔前の線路を保守する作業は、ほとんどが手作業であったが、保線の世界にも近代化の波が押し寄せ、今では、大型の機械がオートマチックに線路を補修していくことが多くなった。
しかし、その姿をお目にかかることは多聞に少ない。
それは、列車の運行が終了した夜中から機械が出動し、朝の一番列車が走るまでには作業を終わらなければならないからである。
また、これらの大型機械は、昼間の列車運行の合間を縫って作業ができるわけではないので、今でも、人力に頼る部分が多いのも保線の現場の特徴である。
最新の技術力から未だに支線区(ローカル線)でも活躍している昔ながらの保線についても掲載しております。
少しでも、保線というものに興味をもたれたなら、保線というものがどんなものかこのサイトで調べてみてはいかがでしょうか?

本来の保線ウィキ

この保線ウィキの趣旨は、保線に興味のある方がよりわかりやすく情報を得られるよう運営されています。
もしあなたが、保線の知識があるならば、ぜひ執筆に参加いただきただきたく思っているところではありますが、ただ今、当サイトでは、大量のスパムに攻撃を受けている状態です。
そのスパムは、新規ユーザーログインを大量に作成し意味不明な英語を記述していくものです。
しかも現状では、そのスパム攻撃を回避する手段がないことから、誠に恐れ入りますが新規のユーザーの登録を差し控えさせていただいてます。
保線ウィキのお助けをしたいと願い出る方がいましたらもうしばらくお待ちください。